身近に起こった!医療ミス事件簿.com

~あなたの周りでも起こりうる医療過誤~

レーシック手術の説明不足による医療事故

私は、10年前にレーシック手術を受けました。私は、幼少期から視力が悪く、長年眼鏡を掛けて生活をしていました。お風呂や運動の際に、多少不自由を感じることはありましたが、目に異物を入れるのが怖くコンタクトレンズは使用していませんでした。しかし、社会人になってから、趣味でマラソンを始め、眼鏡に不自由を感じる機会が多くなってきたので、コンタクトレンズに変えようかと思うようになりました。コンタクトレンズを使用している友人達に話を聞くと、「最初は怖いかもしれないけど、全然大丈夫だよ」と口を揃えて言うので、思い切って眼科に行ってみました。

そこで眼科医に相談し、コンタクトレンズを作成したい旨を伝えると「レーシック手術」を勧められたのでした。レーシック手術を受ければ、眼鏡もコンタクトレンズも不要になり、述語から快適に生活をすることができるというのです。私は、そんなに素晴らし手術があるのかと感じ、その手術を受けることにしました。今思えば、この時にもっとどんなメリットやデメリットがあるのかをしっかりと確認しておくべきでした。その時は、眼鏡のない生活を過ごせることへの喜びで、舞い上がっていたように思います。

手術は、すぐに終わりました。費用は若干高かったのですが、これからの人生への投資だと思うことにしました。異変は、数日後に起きました。光が異常にまぶしく見えるのです。自分で症状について調べると「ハロ・グレア」という症状で、レーシック手術の副作用であることがわかりました。10年経った今でも、手術後よりはマシになりましたが、まだ眩しく感じています。眼科医から、手術前に副作用についての十分な説明を受けた記録はありません。しっかりと確認しなかった自分にも責任はありますが、眼科医の説明不足による医療事故ではないかとも思っています。